「全日本福祉写真協会」は、障害者・高齢者向けの写真コンテスト、写真講習会、撮影旅行会を開催しています。
写真を通じて健康を維持し、社会福祉の増進に寄与し、写真文化を通じて世界との交流することを目的に設立致しました。

AJWPA全日本福祉写真協会ロゴ
一般社団法人 全日本福祉写真協会
コンテンツ
トップ
協会について
講習会
コンテスト














イベント
ギャラリー
リンク
お問合せ

コンテスト

第12回フォトコンテスト<しあわせ>結果発表

2006年に始まったこのコンテストも今回で12回目となり、全国から1,000点を超えるご応募があり、例年と同様ご協力頂いた日本写真芸術専門学校の大講堂一杯に作品を広げて審査を行いました。このコンテストの特徴は、撮影者が優しい目で被写体を見詰めているのがよく分かる作品が多いことです。今回のコンテストもその傾向に変わりはありませんが被写体の内容は多様で、作品を選ぶにあたって審査員が嬉しい戸惑いを覚える場面もありました。
応募者の方々がデジタルカメラやプリントに慣れたためか、寄せられた作品の質も回を重ねるごとに向上していく中、今回は両部門とも人物の表情を捉えたものに秀作が見られました。
人物写真が写し難くなっている現在、これは喜ぶべきことです。今後も撮影に当たっては節度を持って人の表情や姿にレンズを向け、さらなる傑作が寄せられることを期待しています。

第12回フォトコンテスト<しあわせ>受賞作品 高齢者の部
  ※画像をクリックすると別窓で作品が拡大表示されます。「」内はタイトルです。

金賞 北海道 伊藤 洋一様
「早く大きくな~れ」
お孫さんでしょうか? 寝ている赤ちゃんの頬に指を当て、微笑んでいる表情が慈愛に満ちています。
孫の可愛さを表す言葉に「目に入れても痛くない」というものがありますが、それを体現しているような瞬間を切り取った作品です。
銀賞 大阪府 大山 照美様
「ハロ-イン」
赤いハイヒールに白と黒のストッキングを履いた二人の女性の足元だけを切り取り、ハロウィンの仮装を連想させる画面を作り出したのが効いています。
背景をコンクリートの路面と柱で単純化し、靴とストッキングの存在感を際立たせた構成が秀逸です。
銅賞 北海道 山形 典夫様
「人生賛歌」
ご夫婦でしょうか。銀杏の大木を抱くようにするご男性と、その後ろに立つ婦人の静かなコントラストがいい雰囲気を醸し出しています。
着衣の様子から晩春から初夏辺りのようですが、柔らかい木洩れ日が降り注ぐ小路の一こまを、モノトーンで表したのが効果的でした。


[名誉賞]
【ハービー・山口賞】 【沼田早苗賞】
香川県 久保 初美 様
「パワースポット」
静岡県 伊藤 洋子 様
「行ってらっしゃい」
この神社はかなり高い所にあるのですね。背景に見える風景も手伝って、実に物語性のある立地ですね。
二人の女性が写っていますが、二人の間にキラッと光っているのは鏡か何かを持っているのでしょうか。
ともあれ、この光が、何か魔法のようなアクセントとなり、写真をより魅力的にしています。
また逆光による女性の影が地表に落ちていますが、これも大切な要素になりました。
雨の日、犬が玄関に出て、出掛けるご主人を見送っている様に見えます。複雑な線と多色をバランス良くまとめた現代アートの雰囲気があります。
写真は立体を光と影によって平面の印画紙に表現するのですが、壁に描かれた立体的に見える絵に人物を入れる事により虚像と実像が上手く溶け合ってセンスの良い、おしゃれな作品になりなした。
【星埜恵子賞】 【倉持正実賞】
東京都 池田 稔幸 様
「ご多幸を祈る」
静岡県 松ケ下 孝平 様
「私の日課」
先ず一輪の椿に目が、そこからドラマが始まる。蓮華座と裳裾のアールが辛うじてわかるので石仏、お地蔵様かしら?近付いてふと気づいた、いえ、しっかと見えたから近付いたのでしょうか?!白く浮き出る仲睦まじい男女の姿。思わず手を合わせ、ご多幸を祈る。
これまで多くの人や事物を見て撮ってきたからこその撮影者の確かな眼差しと構成力、そして優しい心根。私からも末永きご多幸をお祈りします。
田植え後の田廻りでしょう。
朝日のあたった田面には萌黄色の早苗、樹木の陰の中にはやや腰をかがめた老婆が一人。入水の状態を確認しているのか、あるいは稲の生育を見ているのか?
畔の傍らには電動カート。
歩行にやや不自由があるのでしょう、にも関わらず田んぼの状態を確認するのがこの人の日課なのでしょう。
後ろ姿ではありますが、稲を愛おしげに見ている表情が見えるようです。
【木村正博賞】 【理事長賞】
埼玉県 日髙 猛 様
「至福のとき」
大阪府 東口 進 様
「サンポワにがてなんだよ・・・」
緊張感に包まれた作業から解放されて一服付け、向けられたレンズに微笑みかける表情が実にいいですね。汗と油にまみれた顔から作業の難しさも連想されます。
ただ横位置で人物を画面左端に配したため、右側の空間が大きくなり過ぎました、縦の構成で表情をもっと大きく取り入れると印象がさらに強まりました。
保育園のお散歩時間の一コマのようですね。顔をクシャクシャにして泣いているお子さんの表情を大きく捉えた構図が見るものを引きつけます。
両隣のお子さんとの表情の対比、帽子のカラーも可愛いアクセントに成って何とも温かい微笑ましい作品です。
【フォトコン賞】
神奈川県 高山 健二 様
「元気でね!」
画面の中は必要最小眼の情報のみにし、無駄のないフレーミングで親子の感情をストレートに伝えています。
お母さんの表情、力を込めて抱きしめる手、そして横顔が少しだけ見える息子の表情。周囲の状況を入れたら、どんな場面なのかを説明することができるのでしょうが、それを一切省いたことで、二人の思いが心に響く一枚となりました。
モノクロにし色彩をなくしたことで、表情や手の形がより印象的に浮かび上がってきた効果も、この写真を強くしました。
入選[協賛会社賞]以下順不同
【豊通オールライフ賞】 【ケンコー・トキナー賞】 【コバヤシ賞】
北海道 山崎 久子 様
「水のわらしこ」
福岡県 南 順子 様
「箸休め」
宮城県 丹治 郁夫 様
「火渡り修行」
【シグマ賞】 【フジホーム賞】 【銀一賞】
福島県 門林 泰志郎 様
「つるリンコ~」
神奈川県 小澤 宏 様
「幸せなひととき」
群馬県 小野 吉英 様
「泥んこの新婚さん」
【カワムラ賞】 【ケープ賞】 【カワムラ賞】
和歌山県 木下 滋 様
「帰り道」
東京都 内山 義之 様
「ハイタッチ」
宮崎県 竹尾 康男 様
「大好きよ」
【REVO賞】 【野口賞】 【AJWPA賞】
東京都 矢澤 久子 様
「シエスタ」
神奈川県 伊藤 良一 様
「海へ」
埼玉県 青柳 卓 様
「しあわせ家族」
【パラマウントケアサービス賞】 【コバヤシ賞】
  
千葉県 大滝 俊隆 様
「しゃぼん玉飛んだ」 
福島県 石津 節男 様
「生涯スポーツ」
【リコーイメージング賞】 【REVO賞】 【豊通オールライフ賞】
愛知県 神戸 敏文 様
「勇壮」
和歌山県 辻村 政幸 様
「散歩」
千葉県 伴 博之 様
「泥んこ笑顔」
【REVO賞】 【豊通オールライフ賞】 【AJWPA賞】
兵庫県 馬場 和正 様
「渚の戯れ」
富山県 鍋谷 真弓 様
「感謝」
京都府 白木 勇治 様
「祭りは楽し!」
【AJWPA賞】 【豊通オールライフ賞】 【ウェルファン賞】
東京都 遠藤 要信 様
「仲良し」
福岡県 三好 善行 様
「ハートフルウェディング」
福岡県 門谷 小夜美 様
「わたしのたからもの」
【AJWPA賞】
栃木県 江川 多嘉 様  「祭りの日」
【ウェルファン賞】 【コバヤシ賞】 【島製作所賞】
兵庫県 冠野 順子 様
「よーい、どろん子」
山口県 村田 利子 様
「親子で収穫」
神奈川県 諌山 富子 様
「小さな置物」
【ひまわり賞】 【ウェルファン賞】 【シグマ賞】
熊本県 木下 保之 様
「うまかー」
福岡県 山中 美恵子 様
「大冒険」
宮崎県 家森 忠雄 様
「漁夫」
【銀一賞】 【フジホーム賞】 【日本写真芸術専門学校賞】
埼玉県 竹川 義之 様
「ふたりの里帰り」
福島県 遠藤 文夫 様
「談笑」
兵庫県 今田 裕 様
「ブルー色の刻」
【REVO賞】 【ウェルファン賞】 【REVO賞】
高知県 入交 貞悦 様
「楽しいひなまつり」
千葉県 亀岡 勇 様
「ねこと生活」
大阪府 古賀 定弘 様
「燃える恋心」
【ウェルファン賞】 【AJWPA賞】 【AJWPA賞】
福岡県 石村 國男 様
「親心」
和歌山県 鈴木 文代 様
「笑顔の桶屋さん」
佐賀県 大坪 俊治 様
「桜の花にさそわれて」
以上を始め、たくさんのご応募いただきましてまことに有り難うございました。

ページトップへ
トップ | 協会について | 講習会 | コンテスト | イベント | ギャラリー | リンク | お問合せ