「全日本福祉写真協会」は、障害者・高齢者向けの写真コンテスト、写真講習会、撮影旅行会を開催しています。
写真を通じて健康を維持し、社会福祉の増進に寄与し、写真文化を通じて世界との交流することを目的に設立致しました。

AJWPA全日本福祉写真協会ロゴ
一般社団法人 全日本福祉写真協会
コンテンツ
トップ
協会について
講習会
コンテスト



高齢者の部
障害者の部


第6回フォトコンテスト
第5回フォトコンテスト
第4回フォトコンテスト
第3回フォトコンテスト
第2回フォトコンテスト
第1回フォトコンテスト
イベント
ギャラリー
リンク
お問合せ

コンテスト

第九回フォトコンテスト<みやび>結果発表

第九回フォトコンテスト≪みやび≫
総 評
 全日本福祉写真協会のフォトコンテストに関わって数年になりますが、毎回審査日を迎えると今年はどんな作品が寄せられているだろうか。応募点数は等々、期待と不安が入り混じった気持ちで会場に入ります。今回も同様な気持ちで日本写真芸術専門学校の審査会場に臨むと広い大教室一杯に応募作が広げられ、作品がギッシリと机の上に置かれていました。
応募者の住所は北海道から九州まで全国に渡り、年齢も93歳から11歳までと幅広く、作品内容も多様で選択に迷うほどでした。上位入選の方々のみならず、惜しくも入選に至らなかった方の作品にも魅力的なものが多く、是非次回も挑戦して頂きたいと思っています。
このコンテストは次回で10回目の節目を迎えます。応募者の皆様には写真を通して障害者・高齢者の外出の機会を増やし、世界とつながるという当協会の理念に共感頂き、次回もより多くの応募があることを期待しています。
                        
審査委員長 田中光常

第九回フォトコンテスト≪みやび≫受賞作品 障害者の部
  ※画像をクリックすると別窓で作品が拡大表示されます。「」内はタイトルです。

宮城県 福井 弘文 様
「そりゃ行け!」
四羽のオオハクチョウが一斉に離陸にかかる瞬間を、いいアングルで捉えました。雪面に映った影の形もよく、散らばっている足跡も群れの大きさを想像させます。写真はいい被写体に出会うことが大事ですが、いい撮影ポイントを得るのも大切だということの証明のような画面です。
奈良県 松田 功 様
「きれいになったかナ〜」
水面から飛び上がった直後のサンコウチョウの姿を、的確な瞬間に捉えています。波立つ水面の波紋や飛び散る水滴の様子も効果的でしたが、「きれいになったかな〜」という題の付け方もいいですね。
千葉県 中村 有伴 様
「きれいな鴨川夜祭」
鴨川大山千枚田の夜祭りですね。棚田に沿って設けられたイルミネーションと、ステージの灯り、それにスポットライトが暗闇の中にきれいなコントラストを見せています。特に画面右上からのスポットライトが効果的でしたね。


[名誉賞]
【田中光常賞】 【沼田早苗賞】

大阪府 中村 浩 様
「吉祥」
秋田県 熊谷 仁志 様
「初化粧」
青い水面に羽根を広げたサギの姿が印象的です。画面右からの光がきれいな陰影を作り、光を透かした白い羽の質感もきれいに描写されています。水面への映り込みも効果的ですが、シンメトリーにしなかったのもいいですね。 絣の着物でお化粧がどう出来るか目を閉じて待っている、期待に満ちた表情に何とも言えない可愛らしさが表現されています。無駄のない画面に、祭りを楽しみにしている親子の気分が感じられる微笑ましい作品です。
【星埜恵子賞】 【木村正博賞】
愛知県 檞 隆雄 様
「朝陽」
埼玉県 横島 正司 様
「乾いた水がめ」
あえて木々の間から昇る朝日そのものを写さず、水面に映った陽光のキラキラとした広がりと雲の影を見事に切り取るその潔さ! これまで多くの光景をフレームに収めてきたからこその画面構成力に敬服します。そして獲物を狙う一羽の鷺、その凛とした美しいシルエット。右手前の水紋がしっかりと餌のありかを示し画面に活力を与えています。何故か、ドビュッシーの『水の反映』が聴こえてきました。
何処の貯水池でしょうか? 黄色くひび割れた地面で渇水の様子が分かりますが、そこに残された水色の長靴が強い印象を与えます。余分なものを省略し、画面のポイントをハッキリさせたことが成功につながりました。
【岡本洋子賞】 【代表理事賞】
千葉県 瀬田 一夫 様
「トラック雪パック」
神奈川県 小松 均 様
「奇妙なカメラマン」
一見何の写真かと思いましたが、よく見ると全身雪に覆われたトラックだったので驚きとともに面白いなあと感じました。大雪の後のこのような珍しい状況を面白いと思ってカメラを向けた作者の視点がいいですね。冷凍庫の中にいるような冷たさが伝わってきます。 自画像のようですが、歪んだ鏡面の壁に映ったご自分の姿にレンズを向けた発想がいいですね。壁の歪みの影響で、一見ペットでも抱いているかのように見えるのもユーモラスです。
【フォトコン賞】 【写真ライフ賞】
埼玉県 武内 道直 様
「花祭りの日」
大阪府 辻 修司 様
「身仕度」
桜の花びらが舞う中を祭りが進行しています。子供たちを俯瞰するアングルを選べたことにより、花びらの様子をしっかりとらえることができました。もし、空まで入るような撮り方だとここまで目立たなかったと覆います。また、全体を入れることなく、部分的に切り取ったことで、状況説明的にならず、写真を見る側が現場にいるような臨場感を生んでいます。 良い一瞬が封じ込められた一枚です。白無垢姿の花嫁さんが光輝いて見えます。写真撮影前、衣装を整えている瞬間。モノクロで仕上げられているので、花嫁さんにより一層視線が向かいます。この笑顔の先の情景、掛け衿を整えている女性の表情など想像を掻き立てられます。
入選[協賛会社賞]以下順不同
【野口賞】 【豊田通商賞】 【リコーイメージング賞】
滋賀県 西田 叔弘 様
「吉日」
栃木県 高橋 洋 様
「おめかし」
愛知県 安藤 年孝 様
「祭の日」
【豊田通商賞】 【豊田通商賞】 【豊田通商賞】
愛知県 戸谷 良和 様
「ハイ、ポーズ!!」
北海道 田 悦也 様
「氷結気泡」
兵庫県 恒本 正人 様
「早春の宴」
【アロン化成賞】 【パラマウントベッド賞】 【パラマウントベッド賞】
大阪府 山ア 恭子 様
「わだち」
愛知県 籠橋 定省 様
「話を聞くシャチ」
北海道 経塚 剛敏 様
「夕焼けの港」
【タイカ賞】 【アイシン精機賞】 【ケープ賞】
佐賀県 久保 敏昭 様
「泥ん娘」
静岡県 土屋 光弘 様
「孫と話し合う至福の時」
神奈川県 和田 実 様
「影と二人連れ」
【モルテン賞】 【オリンパス賞】 【ウェルファン賞】
北海道 有城 修 様
「静かなる白き大地」
宮城県 菅野 寛人 様
「何かいるかな?」
埼玉県 渡辺 和博 様
「桜とローカル線」
【ウェルファン賞】 【ウェルファン賞】 【小泉中央賞】
北海道 森田 一哉 様
「春の心」
東京都 吉田 和春 様
「真夏」
大阪府 田中 美奈子 様
「里の春」
【ミキ賞】 【ウェルファン賞】 【TOTO賞】
静岡県 勝又 勝 様
「働ing(ドゥイング)」
千葉県 藤平 悦央 様
「干し柿」
神奈川県 鈴木 絵美 様
「一面のネモフィラ」
【豊田通商賞】 【パナソニックエイジフリーライフテック賞】 【豊通オールライフ賞】
愛知県 篠田 光雄 様
「古都の女」
神奈川県 塚本 紀夫 様
「白樺とゆり」
岩手県 藤江 拓 様
「森を泳ぐ」
【ニコンイメージングジャパン賞】 【豊通オールライフ賞】 【カワムラサイクル賞】
岩手県 細川 清継 様
「視線」
福岡県 北川 雅一 様
「まなざし」
宮城県 蛭田 敏夫 様
「凍ばれる頃」
【豊通オールライフ賞】 【島製作所賞】 【ランダルコーポレーション賞】
奈良県 渡辺 直雄 様
「八朔」
大阪府 土屋 萬亀子 様
「光煙」
佐賀県 石原 敬鎮 様
「満天の星空」
【豊通オールライフ賞】 【豊通オールライフ賞】 【銀一賞】
兵庫県 松田 庄司 様
「蓮根掘り」
埼玉県 加藤 正良 様
「気をつけてね」
和歌山県 近藤 恵美 様
「おねり」
【タムロン賞】 【ウェルファン賞】 【松永製作所賞】
東京都 朱雀 鉄城 様
「水廉」
愛知県 河地 宏明 様
「静寂」
埼玉県 利根川 敏夫 様
「冬将軍の足音」
【マキライフテック賞】 【富士フィルムイメージングシステムズ賞】 【丸冨士賞】
福井県 吉川 悦郎 様
「スパーレシーブ」
千葉県 村松 可直子 様
「モデルはたいくつ」
群馬県 今井 恭一郎 様
「山里は晩秋」
以上を始め、たくさんのご応募いただきましてまことに有り難うございました。

ページトップへ
トップ | 協会について | 講習会 | コンテスト | イベント | ギャラリー | リンク | お問合せ