「全日本福祉写真協会」は、障害者・高齢者向けの写真コンテスト、写真講習会、撮影旅行会を開催しています。
写真を通じて健康を維持し、社会福祉の増進に寄与し、写真文化を通じて世界との交流することを目的に設立致しました。

AJWPA全日本福祉写真協会ロゴ
一般社団法人 全日本福祉写真協会
コンテンツ
トップ
協会について
講習会
コンテスト



高齢者の部
障害者の部


第6回フォトコンテスト
第5回フォトコンテスト
第4回フォトコンテスト
第3回フォトコンテスト
第2回フォトコンテスト
第1回フォトコンテスト
イベント
ギャラリー
リンク
お問合せ

コンテスト

第九回フォトコンテスト<みやび>結果発表

第九回フォトコンテスト≪みやび≫
総 評
 全日本福祉写真協会のフォトコンテストに関わって数年になりますが、毎回審査日を迎えると今年はどんな作品が寄せられているだろうか。応募点数は等々、期待と不安が入り混じった気持ちで会場に入ります。今回も同様な気持ちで日本写真芸術専門学校の審査会場に臨むと広い大教室一杯に応募作が広げられ、作品がギッシリと机の上に置かれていました。
応募者の住所は北海道から九州まで全国に渡り、年齢も93歳から11歳までと幅広く、作品内容も多様で選択に迷うほどでした。上位入選の方々のみならず、惜しくも入選に至らなかった方の作品にも魅力的なものが多く、是非次回も挑戦して頂きたいと思っています。
このコンテストは次回で10回目の節目を迎えます。応募者の皆様には写真を通して障害者・高齢者の外出の機会を増やし、世界とつながるという当協会の理念に共感頂き、次回もより多くの応募があることを期待しています。
                        
審査委員長 田中光常

第九回フォトコンテスト≪みやび≫受賞作品 高齢者の部
  ※画像をクリックすると別窓で作品が拡大表示されます。「」内はタイトルです。

北海道 小泉 栄子 様
「見つめる」
雪を被った切り株に乗り、ジッとこちらを見つめるエゾクロテン。画面右からの光で身体に適度な陰影ができ、降りしきる雪も止まって印象的な画面を作り出しています。鋭い視線が野生動物らしさを強調しているのも効果的でした。
奈良県 秋本 勝 様
「うたたね」
奈良公園の一画でしょうか? 秋の日溜りの中で眠る小鹿の様子が可愛いですね。まあるくなって木漏れ日を背中に浴び、スヤスヤと寝息が聞こえそうです。耳の後ろに光る体毛がポイントになり、樹間に見える紅葉が季節を感じさせます。
岩手県 有田 勉 様
「おじいちゃんと僕」
何とも心温まる画面ですね。お爺ちゃんの優しい笑顔と、信頼し切ったお孫さんの表情がきちんとしたフレーミングにまとめられています。画面右からの柔らかい光が適度の陰影を付けているのも効果的でした。


[名誉賞]
【田中光常賞】 【沼田早苗賞】
福岡県 古賀 敏彦 様
「威嚇」
三重県 谷内 浩 様
「ハイタッチ」
サイドミラーに映った自分の姿を、テリトリーへの侵入者と思ったのでしょうか。大きく翼を広げて威嚇している瞬間を、的確なタイミングで写しています。我々が見ると微笑ましいのですが、メジロとしては真剣なのでしょうね。 良い事があると誰かと手を合わせていたのでしょう、楽しさが伝わって来る作品です。銅像の手にやっとの思いでタッチする小さな手、左手はお母さんの手に守られている様子を後ろ姿だけで印象的に捉えています。
【星埜恵子賞】 【木村正博賞】
埼玉県 林 雄士 様
「モンブランへのアタック」
福岡県 石村 國男 様
「コバルト・ブルー」
見れば見るほど!と?が山積していきます。いつ、どこから、どのように撮られたのか。モンブランの写真はたくさん見てきましたが、このアングルは素晴らしい! 撮影者はもしかしたらこの絶景に魅せられて遅れをとったのではないか?! 眼下に点々と続く足跡を追いアタック中の三人に果たして辿り着けるのか? 前進をためらっているかにみえる人々をみつめ「いや、待てよ」と逆の観点からも見直してしまう奥深い傑作。 何処で写されたのでしょうか? コバルト・ブルーのオウギバトの横顔が暗い背景の上に浮き上がり、印象的な画面を作っています。目に入ったキャッチライトもいいポイントで、野性味を感じさせます。
【岡本洋子賞】 【代表理事賞】
北海道 木龍 寛 様
「龍棲滝」
福岡県 鎌田 貞美 様
「参道を照らす夕日」
勢いよく流れる滝の一筋の流れが、まるで龍の口から吐き出されているように見えます。作者の鋭い観察眼が自然の中の氷の造形をすばらしい作品に昇華させました。アンダーめの露出が白い龍を際立たせていてクールで印象的な作品です。 鳥居の向こうの山の端に沈む真っ赤な夕日が一本道を照らし、参道の石畳を歩く人達の長い影見せています。ピラミッドや神社には、天体の運行と関連した作り方がされているものがありますが、この参道もそれなのでしょうか?
【フォトコン賞】 【写真ライフ賞】
埼玉県 池田 紘治 様
「無念!間に合わず」
長崎県 近藤 汪 様
「絆」
ホームベース上でのクロスプレーですが、主役である少年の真剣な眼差しや砂を蹴り上げながらのスライディングは迫力があります。また、ポジション選びが的確だったので、二人以外の脇役全員の視線がホームベースに注がれているのがわかり、アウトかセーフかを見守る表情が作品に緊張感を宿しています。 お母さんを見つめる赤ちゃんの眼差しや、シンクロする親子の笑顔に温かな時間を感じました。全体的に優しい色合いでまとめられている点も素敵です。これからの親子の歴史に、こんなにも優しい瞬間をとらえた写真が残されていくことを羨ましく感じます。
【特別賞】
熊本県 鹿子木 敏秋 様
「枯野」
一面の枯野が作り出した色のグラデーションと、雲間から射し込んだ光、それに青味を帯びた雲のコントラストがきれいですね。地平線を画面中心部より上に配しているので、画面に奥行き感が出ています。
入選[協賛会社賞]以下順不同
【豊田通商賞】 【豊田通商賞】 【豊田通商賞】
岡山県 中田 康之 様
「ハプニング」
愛知県 浅岡 由次 様
「チームワーク」
福岡県 中村 博芳 様
「光彩」
【豊田通商賞】 【豊田通商賞】 【豊通オールライフ賞】
長崎県 矢津 充浩 様
「森の中の子供達」
千葉県 戸崎 安司 様
「東京湾夕景」
山口県 吉田 勝三 様
「贈る言葉」
【オリンパス賞】 【アロン化成賞】 【ランダルコーポレーション賞】
宮城県 日野 俊文 様
「おひるね」
北海道 嶋谷 暁子 様
「夜明の水塊」
大阪府 川田 晃代 様
「夢心地」
【豊通オールライフ賞】 【小泉中央】 【豊通オールライフ賞】
北海道 田中 康夫 様
「冬支度」
高知市 竹村 悦子 様
「五月」
兵庫県 柴谷 清一郎 様
「出会い」
【シグマ賞】 【豊通オールライフ賞】 【豊通オールライフ賞】
神奈川県 小崎 敬司 様
「光輝」
兵庫県 竹内 利夫 様
「うすら陽」
東京都 水野 紘一 様
「秋から冬へ」
【リコーイメージング賞】 【キャノンマーケティングジャパン賞】 【TOTO賞】
千葉県 中田 茂生 様
「桜吹雪に見舞われて」
千葉県 堀越 末次 様
「ディスクドッグ」
東京都 成田 繁子 様
「和美」
【パラマウントベッド賞】 【パラマウントベッド賞】 【野口賞】
愛知県 石井 啓喬 様
「捕食」
兵庫県 薬師 正興 様
「家路」
東京都 蜷川 謙一 様
「白狐の舞」
【矢崎化工賞】 【島製作所賞】 【タイカ賞】
東京都 岸 皓司 様
「ここは安全だよ!」
大阪府 田久保 智敏 様
「伝統を継ぐ」
大阪府 津田 篤志 様
「無病息災」
【カワムラサイクル賞】 【モルテン賞】 【パナソニックエイジフリーライフテック賞】
千葉県 伴 博之 様
「白鳥の湖」
栃木県 斎藤 英夫 様
「おじいさんのいる光景」
宮崎県 竹尾 康男 様
「おじぃちゃんと一緒」
【アイシン精機賞】 【ウェルファン賞】 【コバヤシ賞】
北海道 小谷内 誠 様
「段々畑は水鏡」
埼玉県 青木 繁 様
「光芒」
奈良県 鍋島 尊道 様
「霧の朝」
【ウェルファン賞】 【マキライフテック賞】 【フジホーム賞】
千葉県 矢野 安佐 様
「ゲットだゼー」
富山県 山口 守 様
「黄山絶景」
東京都 瀬戸川 久 様
「私達も記念に」
【銀一賞】 【ひまわり賞】 【ミキ賞】
宮城県 藤島 純七 様
「不安」
東京都 森 鉄治 様
「全力で咲く」
福岡県 森田 道昭 様
「春の悦び」
【フジホーム賞】 【丸冨士賞】
埼玉県 金益 隆志 様
「かたりべ」
福岡県 森田 朋子 様
「男の華」
以上を始め、たくさんのご応募いただきましてまことに有り難うございました。

ページトップへ
トップ | 協会について | 講習会 | コンテスト | イベント | ギャラリー | リンク | お問合せ