「全日本福祉写真協会」は、障害者・高齢者向けの写真コンテスト、写真講習会、撮影旅行会を開催しています。
写真を通じて健康を維持し、社会福祉の増進に寄与し、写真文化を通じて世界との交流することを目的に設立致しました。

AJWPA全日本福祉写真協会ロゴ
一般社団法人 全日本福祉写真協会
コンテンツ
トップ
協会について
講習会
コンテスト


第9回フォトコンテスト
第8回フォトコンテスト
第7回フォトコンテスト

高齢者の部
障害者の部

第4回フォトコンテスト
第3回フォトコンテスト
第2回フォトコンテスト
第1回フォトコンテスト
イベント
ギャラリー
リンク
お問合せ

コンテスト

第六回フォトコンテスト<きずな>結果発表

第6回フォトコンテスト ≪きずな≫「総評」

高齢者の部、障害者の部共に何時も変わらぬ元気溢れる作品を沢山お寄せ頂き感謝しております。被写体となった対象は実に多彩で、何れも感情豊かで斬新な構成が施されていました。ただ題名の付け方がややいい加減と云うか自己満足と云うか、画面と一致しないものが少なからずありました。題材に合ったタイトルを付けるのも大事なことです。

撮影に関しては、魅力を感じた被写体の周囲の環境をよく見極め、無理をしないでじっくり観察していいチャンスを捉えることを心がけてください。とはいえ、思うようにならない場合はいたずらに執着せず、次の目標を定めて努力するのも一つの方法です。時間をかけることも大切ですが、いい瞬間を確実に写し止めることが肝要です。また撮影者の気持ちが安定しているときは、被写体がいい表情を見せてくれることも多々あります。

ではまた来年のコンテストにも、多くの傑作が寄せられることを楽しみにお待ちしています。
田中光常

第六回フォトコンテスト<きずな>受賞作品 高齢者の部
  ※画像をクリックすると別窓で作品が拡大表示されます。「」内はタイトルです。

金賞 福岡県 古賀 敏彦 様
「愛のささやき」
ムツゴロウの素晴らしい写真です。並んだ二匹が立派な胸鰭、背鰭、尾鰭をできる限り広げ、しかも大口を開けて精一杯強さを誇示している姿は見事です。一度は私も、このような状況を泥まみれになって撮影してみたいとかねがね思っていましたが、残念ながら機会に恵まれませんでした。バックの泥濘の環境、硬めの色彩、ピント等の完成度の高い作品です。
銀賞 北海道 赤川 賢二 様
「ばんばの朝」
馬に語りかけている男性の優しさが溢れている情景です。きっと馬の元気な顔を見て、ホッとしているのでしょう。朝の気配が感じられる部屋の中はまだ暗く、裸電球が馬と男性の一晩の成りゆきを温かく見守っているようです。構図もピントも申し分なく、ほのぼのとした温かみのある作品です。
銅賞 東京都 遊佐 八重子 様
「祈り」
神に祈りを捧げているご夫婦の姿にはとても慎ましやかなしあわせがかんじられ、敬虔な空気が伝わってくるようです。縦位置の構図も無駄なものがなく、ピントも確かで温かさが滲み出ています。


[名誉賞]
【田中光常賞】 【沼田早苗賞】
富山県 山口 守 様
「サギの朝食」
岩手県 有田 勉 様
「新しい友達」
なんと豪華な朝食でしょう。魚のほうから群れをなし、私を食べてとばかりに寄ってきているように見えます。サギのほうもどれから頂こうかと迷っているようで、こんなこともあるのだとビックリしました。大きな魚に追われてきた群れなのか、産卵のために寄ってきたものなのか、私もこんな不思議な光景に巡り合ったことはありません。構図もピントも申し分ありませんが、このチャンスを捉えた努力に脱帽します。 震災の時に非難した体育館でしょう。背景の雑然とした様子とは対照的に体を寄せ合い底抜けに明るい子供達の飾らない表情を捉えています。不自由な中でも好奇心を持って人と接する事が出来る子供達に大人達は励まされた事でしょう。
【星埜恵子賞】 【木村正博賞】
和歌山県 杉本 博 様
「至福のとき 102才」
群馬県 笠井 忠宏 様
「一輪の花」
審査会場には今年も沢山の笑顔あふれる作品が並びました。その中で、この眼差しに魅かれました。いつか見たような、見せたような。人間誰しもふと見せるこの表情は、なかなかカメラでキャッチ出来ません。実は3枚組の中の1枚です。別の笑顔こぼれる1枚の方が審査後に知ったタイトルにはよりピッタリ来ますが、被写体の“素”の存在感が素晴らしい!この正直な表情としぐさを見事にとらえた一枚を選びました。おそらく背景のボケ加工を施さなくても、チェックがお似合いの102才の方を支える温かい“きずな”を十分に感じられるかと・・・。 水面を覆い尽くした小さな植物の葉が作り出す模様と、その中に屹立する一輪の睡蓮のつぼみの対比が何とも鮮やかです。
いい写真を写す条件の第一はいい被写体に出会うことですがそれを見事に全うし、的確な構成力でまとめています。
【岡本洋子賞】 【藤井立秀賞】
神奈川県 太田 豊 様
「風の紋様」
福島県 高木 志津夫 様
「自衛官の父」
風が作る波の紋様が繊細で美しいパターンを描いています。うっすらと靄に覆われた緑の対岸とのバランスもよく、モノトーンな絵画のような趣に「静寂」な時の流れを感じます。シンプルな構成だけに印象的な作品です。 真黒に日焼けした自衛官の力強い父に寄り添う少年の不安気持ちを捉えた素晴らしい1枚だ。東日本大震災は改めて日本人の絆を再認識させたが、国家の原点である家族という絆が表現されている永遠に残したい1枚。
【理事長賞】
千葉県 吉野 章郎 様
「湯立て神事」
大釜で煮立てたお湯を四方にまき、災厄を祓う神事の様子をいいタイミングで写し止められました。もうもうとけむる湯気と、釜から飛び散る熱湯の様子が緊張感のある画面を作り出しています。
入選[協賛会社賞]以下順不同
【野口賞】 【ニコン賞】 【豊田通商賞】
福岡県 森田 道昭 様
「遊ぼうよ」
埼玉県 粕谷 裕 様
「花筏」
千葉県 小阪 欽哉 様
「ジョウビタキ」
【豊田通商賞】 【豊通ライフケア賞】 【豊通ライフケア賞】
愛知県 鈴木 順喜 様
「ヒョットコ」
福岡県 名越 博昭 様
「スタート」
福岡県 橋 光男 様
「月光」
【豊通ライフケア賞】 【パラマウントベッド賞】 【タイカ賞】
茨城県 滝沢 征雄 様
「子供達の顔」
岡山県 中田 康之 様
「桜の下で」
神奈川県 下田 正治 様
「投網光る」
【パラマウントベッド賞】 【コダック賞】 【オリンパス賞】
福岡県 中村 博芳 様
「二人の世界」
愛知県 浅岡 由次 様
「必撮」
大阪府 鎌苅 光夫 様
「視線」
【ウェルファン賞】 【ウェルファン賞】 【アイシン精機賞】
千葉県 柳沢 房親 様
「夜明け前」
山梨県 窪田 かずお 様
「少女」
東京都 鶴巻 武 様
「なかよし こうし」
【小泉中央賞】 【アロン化成賞】 【武虎ヒューマンケア賞】
東京都 杉中 清良 様
「子鴨なき かるがも池に 秋模様」
神奈川県 小崎 敬司 様
「ブラスバンド」
兵庫県 山口 剛 様
「ゴールデンステージ」
【アイシン精機賞】 【矢崎化工賞】 【ガットリハビリィ賞】
佐賀県 秋山 光弘 様
「川遊び」
群馬県 関矢 俊夫 様
「パレードの子」
和歌山県 辻村 政幸 様
「ハート」
【松永製作所賞】 【ガットリハビリィ賞】 【ランダルコーポレーション賞】
千葉県 水島 脩行 様
「浜の仲間」
北海道 岩間 廣 様
「白熊の親子」
長野県 伊藤 武 様
「田植終了」
【ケープ賞】 【フジホーム賞】 【タムロン賞】
東京都 宮森 義雄 
「ひと休み」
静岡県 青木 忠平 様
「田んぼアート・螢」
岡山県 石原 一夫 様
「手と手」
【銀一賞】 【パナソニックエイジフリーライフテック賞】 【マキライフテック賞】
静岡県 亀谷 健司 様
「威風堂々」
東京都 引間 利雄 様
「フェース」
東京都 水野 紘一 様
「厳冬の湖畔」
【シグマ賞】 【ひまわり賞】 【ミキ賞】
和歌山県 中村 光雄 様
「夫婦愛」
神奈川県 堀口 宏 様
「散歩の道すがら」
岡山県 能一 昇 様
「母の背」
【ペンタックス賞】 【カワムラサイクル賞】 【島製作所賞】
福島県 鈴木 彦三 様
「仲良しカップル」
長崎県 近藤 汪 様
「お家にいれてよ!」
和歌山県 里村 惠子 様
「祭日」
【モルテン賞】 【コバヤシ賞】 【TOTO賞】
千葉県 石橋 武 様
「雨にも負けず」
秋田県 柴田 倫作 様
「共生」
北海道 庄子 嘉子 様
「家族」
【丸冨士賞】
神奈川県 富田朝子 様
「子供相撲大会」
以上を始め、たくさんのご応募いただきましてまことに有り難うございました。

ページトップへ
トップ | 協会について | 講習会 | コンテスト | イベント | ギャラリー | リンク | お問合せ