「全日本福祉写真協会」は、障害者・高齢者向けの写真コンテスト、写真講習会、撮影旅行会を開催しています。
写真を通じて健康を維持し、社会福祉の増進に寄与し、写真文化を通じて世界との交流することを目的に設立致しました。

AJWPA全日本福祉写真協会ロゴ
一般社団法人 全日本福祉写真協会
コンテンツ
トップ
協会について
講習会
コンテスト


第9回フォトコンテスト
第8回フォトコンテスト
第7回フォトコンテスト
第6回フォトコンテスト
第5回フォトコンテスト
高齢者の部
障害者の部
第4回フォトコンテスト
第3回フォトコンテスト
第2回フォトコンテスト
第1回フォトコンテスト
イベント
ギャラリー
リンク
お問合せ

コンテスト

第五回フォトコンテスト<あい>結果発表

全日本福祉写真協会 第5回フォトコンテスト≪あい≫ 総評

きわめて広い範囲の表題である≪あい≫の精神的な優しさを感じさせられる内容のものが多く、高齢者・障害者といっても、若い生命力あふれる作品で大変楽しく拝見させていただきました。特に金、銀、銅の各賞と名誉賞を獲得した作品は技術をマスターした非の打ちどころの無い傑作揃いだと思います。題材の≪あい≫は愛、藍、哀、挨にも通じ、やはり優しさが画面に滲み出ているものが上位に達したと思います。人物、動物、風景、その他、すべての被写体に≪あい≫の心意気が少しでも伝わるものをと審査には心がけました。
被写体の内容は、人物が最も多く、その環境の状況に差こそあれ夫々、様々な人間感情が盛り込まれていました。また、風景も冬の凍てつく寒さも、夏のうだるような暑さも作風にやさしさを感じさせられました。
撮影するのに充分考える事は必要ですが、長い時間をかければ良いというものでもなく、先ず一応の目的を決め、構図、背景、色彩等に気を配り心して写すことが肝要だと思います。カメラもデジタルカメラが一般化し、レンズの性能もより良くなってきましたが、写真とはカメラだけで写すものではなく心で写すものだと思います。写真を撮るに当たって、目的が定かでないと中途半端なものになってしまう恐れがあります。要は落ち着いて被写体をよく観察し、向き合うことが大切です。カメラの特徴、特にデジタルカメラでは被写体の光具合などを確かめ、色々使い方を習得しておくことも重要です。昔と違って望遠レンズも手に入りやすくなりましたが、ただ大きく写せば良いというものではありません。心して写して欲しいと思います。良い作品をつくるには、やはり少しの努力と勉強が必要だと思います。
高齢者や障害者にとって、重たいカメラや三脚等の機材を持ち運ぶ事や、無理な長距離を歩いての取材等は相当体に応えますので、充分注意し、ゆっくり撮影を楽しんでください。高齢者で障害者の私の老婆心から申し添えます。 
田中光常

第五回フォトコンテスト<あい>受賞作品 高齢者の部
  ※画像をクリックすると別窓で作品が拡大表示されます。「」内はタイトルです。

金賞 東京都 広原 一民 様
「労わり」
長い砂漠の道のりを歩いて来たのでしょう。山の見える休憩地で疲れ果て座り込んだ御者の顎に鼻を押しつけたラクダ、お互いに労わりあっている姿は、人間と動物の愛情あふれる情景をつぶさに表現しています。ラクダの顔と御者の上半身を最適に切り取った構図は素晴らしく、特に脚絆の上部を少し入れて見せた構図は、脚の疲れを見事に推量させてくれます。 田中光常
銀賞 山梨県 窪田 かずお 様
「影」
一枚の障子をずらせて、太陽の光を吊るし柿の影を部屋の畳の上一杯に投影させた見事な構図です。畳に写った影が左右対称から少し右下に広がったことが、太陽の光の動きを感じさせる重要なポイントになっています。 田中光常
銅賞 和歌山県 中村 光雄 様
「兄弟」
可愛い坊やにダルメシアンが鼻面を押し当てチュウをしているとても楽しい雰囲気の作品です。坊やは暖かそうな服で犬とお揃いの帽子をすっぽり被って散歩の支度のようです。早く出掛けたい犬が催促していうるように見えます。広角レンズで二人の姿を大写しにしているので、床の線が遠景に狭くなって見え、動きを感じさせてくれました。
田中光常


[名誉賞]
【田中光常賞】 【星埜恵子賞】
千葉県 小阪 欽哉 様 「舞」 北海道 土屋 照子 様 「メルヘン」
緑の葉の間に勢いよく飛び立った鳥の姿は、日本の鳥とは思いない驚くほど鮮やかな色彩です。バックの暗さが鳥と緑の葉の鮮麗さを引き立たせたのは、ストロボの影響だと思いますが、素晴らしい効果をもたらせました。鳥の名前、撮影場所が不明なのは残念でした。
一歩お先のチビ(ツユムシ?)君、華奢な脚を持て余しながらノッポ君に「おーい、まだ?」そんな会話が聞こえ、小さき物への愛情がしっかり伝わってきます。背景のボケや光の按配も見事。チャーミングで美しい画面構成です。
【木村正博賞】 【岡本洋子賞】
大阪府 才脇 信吾 様 「いとし子」 香川県 久保 初美 様 「月とコスモス」
ビルのエントランスでしょうか? テーブルに赤ちゃんを寝かせ、おしめを替えている様子が実に微笑ましい一こまです。見守るように並んだ椅子の配置も適切ですが、母子の様子をもう少し大きく取り入れてもよかったかもしれません。
どういう状況で撮影されたのでしょう?月明かりだけではない、まるでスタジオで撮影されたようでもあり、ほの暗い明かりに照らされて浮かび上がるコスモスがとても幻想的で素敵です。アイデアと確かな技術力が写真表現につながっています。
【藤井立秀賞】 【理事長賞】
京都府 山崎 秀明 様「厳冬の足音」 岡山県 井上 清志 様 「秋まつりの日」
壮大な大自然の迫力を感じさられました。吹雪の舞い上がる白銀の世界の白、透き通る空気により表現される空の青、ふもとの黒から構成され幅広い色調が素晴らしく表現されています。
実に懐かしさを感じさせる街角です。お祭りの日のようで、軒先から下がった祭りの提灯も雰囲気があります。カラーでなく、モノクロで仕上げられたところに作者の意図が感じられます。
入選[協賛会社賞]以下順不同
【キャノン賞】 【小泉中央賞】 【豊田通商賞】
宮崎県 竹尾 康男 様
「行楽」
長崎県 近藤 汪 様
「黄色い秋」
福岡県 名越 博昭 様
「あそぼうよ」
【豊田通商賞】 【豊田通商賞】 【豊田通商賞】
大阪府 ミヨシ トシオ 様
「雨にうたれた楓」
和歌山県 中原 登 様
「木漏れ陽の中の少女」
東京都 中西 定夫 様
「夜明け」
【豊田通商賞】 【豊通ライフケア賞】 【豊通ライフケア賞】
岡山県 斎藤 雄宰睦 様
「春の兆し」
富山県 山口 守 様
「水牛と少年」
福岡県 中村 博芳 様
「絆」
【豊通ライフケア賞】 【アイシン精機賞】 【野口賞】
群馬県 笠井 忠宏 様
「昼下がり」
福岡県 森田 朋子 様
「出番前」
神奈川県 石田 歓児 様
「梅花一枝」
【アロン化成賞】 【ランダルコーポレーション賞】 【オリンパス賞】
神奈川県 加藤 交 様
「紫雪をまとう」
神奈川県 村田 義一 様
「滝修業」
埼玉県 岡田 充 様
「楽しいお花見」
【パラマウント賞】 【パラマウント賞】 【コバヤシ賞】
和歌山県 辻村 政幸 様
「ビーチ」
神奈川県 堀口 宏 様
「チャーミング」
東京都 二木 孝雄 様
「ドリーム」
【カワムラサイクル賞】 【コダック賞】 【銀一賞】
静岡県 奥山 明夫 様
「私のペット」
静岡県 長倉 保 様
「母の散髪」
岡山県 堀 紘治 様
「秋空」
【コダック賞】 【小泉中央賞】 【銀一賞】
愛知県 石井 啓喬 様
「夜空の華」
山梨県 仙沢 計美 様
「還暦の記念に」
大阪府 大森 岩夫 様
「捕獲」
【ペンタックス賞】 【タムロン賞】 【TOTO賞】
千葉県 上田 照二 様
「御針仕事」
岡山県 中田 康之 様
「風」
千葉県 西宮 美知子 様
「秋景」
【ガットリハビリィ賞】 【ガットリハビリィ賞】 【ガットリハビリィ賞】
東京都 井上 佳計 様
「夏祭り」
兵庫県 高田 弘 様
「陽気な父ちゃん子煩悩」
千葉県 清弘 正義 様
「昭和ノスタルジー」
【ケープ賞】 【ウェルファン賞】 【ウェルファン賞】
和歌山県 中村 富一 様
「ふれ愛」
秋田県 柴田 倫作 様
「指定席」
大阪府 長崎 靖弘 様
「螺旋階段」
【ウェルファン賞】 【ウェルファン賞】 【ウェルファン賞】
福岡県 橋 光男 様
「サイクリング」
東京都 西川 善雄 様
「ある光景」
和歌山県 中原 みどり 様
「熊野古道旅姿」
【モルテン賞】 【ミキ賞】 【ミキ賞】
福島県 岩下 一男 様
「安らぎ」
福岡県 伊藤 忠 様
「若い頃のように」
岡山県 西ア 尚志 様
「秋の彩り」
【ミキ賞】 【ミキ賞】
愛媛県 井上 勉 様
「つるし柿生産者」
東京都 引間 俊雄 様
「秩父歌舞伎の親子」
以上を始め、たくさんのご応募いただきましてまことに有り難うございました。

ページトップへ
トップ | 協会について | 講習会 | コンテスト | イベント | ギャラリー | リンク | お問合せ