「全日本福祉写真協会」は、障害者・高齢者向けの写真コンテスト、写真講習会、撮影旅行会を開催しています。
写真を通じて健康を維持し、社会福祉の増進に寄与し、写真文化を通じて世界との交流することを目的に設立致しました。

AJWPA全日本福祉写真協会ロゴ
一般社団法人 全日本福祉写真協会
コンテンツ
トップ
協会について
講習会
コンテスト


第9回フォトコンテスト
第8回フォトコンテスト
第7回フォトコンテスト
第6回フォトコンテスト
第5回フォトコンテスト
第4回フォトコンテスト
一般高齢者の部
障害者の部
第3回フォトコンテスト
第2回フォトコンテスト
第1回フォトコンテスト
イベント
ギャラリー
リンク
お問合せ

コンテスト

第四回フォトコンテスト<ゆめ>結果発表

全日本福祉写真協会 第4回フォトコンテスト ≪ゆめ≫ 総評

今年で第4回目を迎えた全日本福祉写真協会主催のフォトコンテスト≪ゆめ≫は、作品のレベルがこれまでのものから格段に向上し、入賞作品の選考には苦労しました。

応募された方々の年齢は最高齢の方が89歳、最も若い方が6歳の障害を持った少年で、年齢層の幅がこれまでにも増して厚くなり、ほぼ日本全国から作品が寄せられています。

世の中のムードが沈滞気味な昨今、ハンデを持たれた方やお年を召した方々からこのように多数の作品を寄せられたのは、当協会の「ひきこもりよさようなら」という理念に共感される方々が着実に増えていることであると思います。

今回の審査員は例年の如く美術監督の星埜恵子先生、写真家の木村正博先生に加え、動物写真家の田中光常先生にも審査に加わって頂きました。田中先生は本年85才、太平洋戦争で海軍に従軍されて健康を損ねられましたが、その後日本の動物写真家の草分け世界各国に取材に赴かれ数々の名作を発表されています。ご自身の闘病経験や様々なご経験から、障害者/高齢者の方々が元気に、そして写真を通じて広い世界に目を向けて頂こうという趣旨にも深いご理解を示され、今回の審査中も貴重なご意見を頂戴しました。また来年度は風景写真家として著名な竹内敏信先生にも審査員として加わって頂くことになっています。

来年はこのコンテストを始めて5年目の節目に当たりますが、このように皆さんが写真に親しみながら積極的に社会参加されることに理解を示される先生方と、応募作品の力で世界に羽ばたきたいと期待しています。

第四回フォトコンテスト<ゆめ>受賞作品高齢者の部
  ※画像をクリックすると別窓で作品が拡大表示されます。「」内はタイトルです。

金賞 群馬県 関口 幸次 様
「帰り道」
談笑しながら、雪を被った浅間山を背に坂道を上ってくる親子の様子が実に温かい印象を与えます。お母さんに笑顔を向ける男性が持っているのはダルマのようですが、シンプルな画面の中に季節感や撮影場所などの要素が適格に盛り込まれ、見る者の目を惹き付ける秀作です。
銀賞 北海道 谷川 一也 様
「頑張れ!高齢者」
トレーニングジムでのスナップのようですが、マシンを使って体を鍛えるお年寄りの姿を白黒3枚の組み写真で見せて成功しています。どの顔にも楽しみながら体を鍛えている様子が溢れていて、溌剌とした姿に声援を送りたくなります。
銅賞 和歌山県 杉本 博 様
「修行僧」
新義真言宗根来寺の修行僧の姿を、4枚の組み写真で実に分かり易くまとめてあります。回廊に立てかけられた杖と網代笠や読経する横顔、老杉と池の間を行く白衣の行列等、厳しい修行の様子を明るいタッチで描いたのが成功しています。


[名誉賞]
【藤井秀樹賞】 【田中光常賞】
滋賀県 西田 叔弘 様
「お昼寝」
静岡県 松崎 盛樹 様
「頑張れ」
夏の動物園のアザラシでしょうか? 水面に寝転ぶように浮かび、いかにも気持よさそうな表情が題名と実によくマッチしています。暗めの水面がまるでタオルケットのようにも見え、思わず微笑みを誘われる写真です。
アマガエルの背中に子ガエルが張りついているだけでも中々珍しい光景なのに、垂れ下がった小枝に飛びついてぶら下がっている親子の状況は素晴らしい、バックのボケ一色も被写体を浮き上がらせ小枝の葉っぱも程よく配置されて文句がありません。惜しむらくは強そうな脚力の先に水滴が光っていたらと思いました。私も85歳頑張りましょう。
【星埜恵子賞】 【木村正博賞】
神奈川県 小林 宏三 様
「散るを惜しむ」
京都府 山崎秀明
「妖艶の流れ」
ロシアの文豪で短編の名手チェーホフの世界の1シーンを想わせます。彼が描く人間と土地、季節の移ろいが絶えず私達を惹きつけるように、この淡く静かな作品もまた作者の観察力と構成力の確かさを感じさせます。辺りの気配、その奥行きと広がりをも印象的に切り取った画面は、撮影者の心が投影され、その空気がリアルに伝わって思わず私も佇んでしまいました。
中判カメラの精緻な描写を活かし、岸辺に咲く花と水の流れを対比させ、妖しい艶のある画面を作り出されました。この場に立てば響き渡る水音が耳を聾するかもしれませんが、画面を見る限り静寂に満たされた印象を与えるのが写真の面白さです。
【理事長賞】
大阪府 森野 昭一 様
「雪の朝」
公園の梅林中の道に降り積もる雪の中を、一寸蛇行気味に走る自転車の姿と足跡が雰囲気のある画面を作り出しています。さぞや走り難かったでしょうが、乗っている人はこの後無事に通り抜けられたかな? と余分な心配もしてしまいます。
入選[協賛会社賞]以下順不同
【富士フイルム賞】 【アイシン精機賞】 【TOTOエムテック賞】
愛知県 中根 不二夫 様
「秋の風情」
岩手県 有田 勉 様
「休憩」
千葉県 小阪 欽哉 様
「旅立ち」
【野口賞】 【ケアポートジャパン賞】 【ケアポートジャパン賞】
東京都 今井 都彦 様
「福を入れてぇ〜」
東京都 引間 利雄 様
「ある光景」
愛知県 鈴木 順喜 様
「白髪の老婆」
【ケアポートジャパン賞】 【豊田通商賞】 【豊田通商賞】
青森県 相馬 勉 様
「あしガヤを運ぶ」
福岡県 柿原 耕治 様
「美風」
奈良県 中谷 泰丈 様
「秋の稜線」
【豊田通商賞】 【加賀ハイテック賞】 【豊田通商賞】
兵庫県 山崎 鎭義 様
「走る白鳥」
奈良県 渡辺 直雄 様
「シンシン」
東京都 佐藤 玲 様
「夢草子・舞」
【豊田通商賞】 【加賀ハイテック賞】 【TOTO賞】
福岡県 森田 朋子 様
「祭りの子」
奈良県 中村 忠祐 様
「視線」
秋田県 柴田 倫作 様
「艶姿」
【銀一賞】 【銀一賞】 【ガットリハビリィ賞】
埼玉県 小林 達雄 様
「母と子」
福岡県 橋 光男 様
「遊泳」
愛知県 鈴木 康之 様
「夜の公園」
【ガットリハビリィ賞】 【ガットリハビリィ賞】 【ガットリハビリィ賞】
神奈川県 桐谷 慶明 様
「今年も元気」
岡山県 中田 陽子 様
「お出かけ」
東京都 片桐 八十八 様
「夕日が射し込むトンネル」
【ガットリハビリィ賞】 【コバヤシ賞】 【タムロン賞】
愛知県 中野 英意 様
「火の鳥」
千葉県 西宮 明 様
「メルヘン」
岡山県 大月 泰幸 様
「三匹の石猿」
【タムロン賞】 【オリンパス賞】 【ウェルファン賞】
神奈川県 品川 完 様
「食事中」
千葉県 石橋 武 様
「お宝お宝だよ」
北海道 橋 敏明 様
「港情景」
【ウェルファン賞】 【ウェルファン賞】 【ウェルファン賞】
佐賀県 石原 マサ子 様
「タイミング ポーズ」
愛媛県 井上 勉 様
「ひだまり」
神奈川県 川田 明信 様
「名所での暮らし」
【ウェルファン賞】 【HOYA賞】 【パラマウントベッド賞】
神奈川県 佐藤 弘 様
「ころ柿の里」
三重県 平 まさる 様
「いい湯だな
東京都 宮森 義雄 様
「冬の湖畔」
【パラマウントベッド賞】 【ランダルコーポレーション賞】 【タイカ賞】
神奈川県 石川 忠男 様
「勢ぞろい」
鹿児島県 甲藤 龍夫 様
「出動」
埼玉県 栗田 昌明 様
「夕暮れさんぽ」
【タムロン賞】 【丸冨士賞】 【丸冨士賞】
福井県 庵 律 様
「涼を求めて」
神奈川県 菅原 孟 様
「初日の出」
兵庫県 岡本 紘 様
「タイミング待ち」
【丸冨士賞】 【丸冨士賞】 【丸冨士賞】
徳島県 佐藤 進 様
「赤ちゃんの土俵入り」
東京都 峰 照光 様
「水掛け祭り」
奈良県 泉 健一 様
「舟で嫁ぐ」
以上を始め、たくさんのご応募いただきましてまことに有り難うございました。

ページトップへ
トップ | 協会について | 講習会 | コンテスト | イベント | ギャラリー | リンク | お問合せ