「全日本福祉写真協会」は、障害者・高齢者向けの写真コンテスト、写真講習会、撮影旅行会を開催しています。
写真を通じて健康を維持し、社会福祉の増進に寄与し、写真文化を通じて世界との交流することを目的に設立致しました。

AJWPA全日本福祉写真協会ロゴ
一般社団法人 全日本福祉写真協会
コンテンツ
トップ
協会について
講習会
コンテスト


第9回フォトコンテスト
第8回フォトコンテスト
第7回フォトコンテスト
第6回フォトコンテスト
第5回フォトコンテスト
第4回フォトコンテスト
第3回フォトコンテスト
第2回フォトコンテスト
一般高齢者の部
障害者の部
第1回フォトコンテスト
イベント
ギャラリー
リンク
お問合せ

コンテスト

第二回フォトコンテスト「きらめき」結果発表

第2回福祉写真コンテスト総評

今年第2回目を迎えた障害者高齢者写真コンテストは応募数が一躍5倍に増え、初年度の応募点数約300点から今年度は1500点を超え、事務局は嬉しい悲鳴をあげることになりました。
全体の作品レベルも応募数に比例して飛躍的に高くなり、今回の入賞作品はどこの写真コンテストにだしても上位入賞間違いなしの傑作ばかりでした。
今年からは昨年会場構成をして下さった星埜恵子先生にも特別審査員に加わって頂き、私が校長を務める日本写真芸術専門学校の大きな教室を借りて審査を行いましたが、学校からも今後とも支援をする旨の申し入れを受けました。
会場の構成は昨年同様、美術監督で特別審査員の星埜恵子先生に担当していただき、見ごたえのある会場に仕上げていただけました。
本年も福祉の趣旨に賛同してくださる多くのアーティストの方々からのお力添えをいただいておりますが、昨年のカンボジアアンコール小児病院支援チャリティー展では2台の車椅子と、アンロンベンの学校に井戸を寄贈する事ができました。また、銀座写真弘社アートギャラリーでのチャリティー展では、国内の福祉施設に車椅子10台を寄贈することとなりました。本年も年末に昨年と同様の開催を予定しております。
入賞者の皆さんにお贈りできた賞品も、今年は福祉機器関連に加えて写真関係各社のご協力も頂いて大幅に増え、カメラ誌フォトコンテストさんへの掲載も予定されていますので、皆さんのご協力により、今後さらにこのコンテストが大きく発展することを期待しております。
 
審査委員長 藤井秀樹

第二回フォトコンテスト「きらめき」受賞作品 障害者の部
  ※画像をクリックすると別窓で作品が拡大表示されます。「」内はタイトルです。

金賞 福岡県 北脇 英雄 様
副賞 オリンパス賞
「祈り」
台湾か中国のお寺でしょうか? もうもうと立ちこめるお線香の煙が逆光を際だたせています。画面手前のお線香とバックが暗く落ち、煙に強い
視覚効果が生まれ、参拝客もなかなかの美人で見る者の目を引きつけます。
銀賞 秋田県 熊谷 仁志 様
「福の神」
題名から推察すると、東北地方の祭りでのスナップのようですね。福の神に扮装した子供の笑顔がいい写真です。普通は顔にかかる影が気になりますが、この写真の場合は何故か逆に作用し、立体的に見える効果を上げています。プリントの応募でしたが、仕上がりもなかなかきれいでした。
銅賞 千葉県 新井 洋美 様
「幸せ」
撮影者の人柄がわかるほほえましい写真です。作者のコメントに、「一日5〜6回親に連れられて餌を食べる幸せな時。その時、色々なことを親が教えているように見える」とありましたが、人間も自然から学ぶことが多いのではないでしょうか。


[名誉賞]
【藤井秀樹賞】 【星埜恵子賞】
奈良県 中島 圭一 様
「かませ犬」
静岡県 大石 薫 様
「昼下がり」
怖い写真です。題名を見ると「かませ犬」とありますが、誰がこの犬を凶暴にさせたのでしょう? この犬も、生まれたときはおとなしい可愛い子犬だったろうに、よほどつらい仕打ちを受けて人を噛む犬になったのだろうかと思うと、安易に人が殺される世相と重なって、何か考えさせられる写真です。 このコミック少年剣士たちも、あと何年かしたら、流行のバイクに女の子を、そして三角関係に・・・・と次から次にいろいろなシーンが浮かんできました。明日につながっていく広がりと奥行きがいいですね。そして、いつまでも美しい川沿いの祠に花を手向ける人々がいる里山であってほしいですね。
【理事長賞】 【木村正博賞】
静岡県  大石 薫 様
「視線」
愛媛県 M遊 孝惠 様
「朝波寄せて」
いい写真です。親子で夢中になっていったいなにを見ているのでしょう。余程興味を引くものがあったのでしょうか? 肩車された子供の視線の先にあるものを、私も知りたくなりました。画面構成にも無駄がなく、デジタルカメラでいい瞬間を捉えています。 サーファーと網代傘の僧侶とは、何とも不思議な組み合わせですね。二人の足下を洗う波の様子が外海らしさを見せ、裾の短いウエットスーツが南国土佐の海岸での一こまらしい風情を添えています。
[協賛会社賞]以下順不同
【フジフイルム賞】 【野口(株)賞】 【アイシン精機賞】
大阪府 秋田 壽美 様
千葉県 鶴田 君子 様
「私達の相性」
東京都 川口 伸也 様
「大人への一歩」
【TOTOエムテック賞】 【TOTO賞】 【(株)ケープ賞】
埼玉県 斉藤 冨貴子 様
「爽やか Summer time」
兵庫県 向井 寛 様
「頑張ってよー」
神奈川県 五嶋 績 様
「輝き」
【ジェルテック賞】 【ランダルコーポレーション賞】 【パラマウントベッド賞】
埼玉県 福島 肇 様
「橋をまたぐ少女」
栃木県 吉沢 久子 様
「いい湯だな」
大阪府 吉岡 直一 様
【豊田通商(株)賞】 【豊田通商(株)賞】 【豊田通商(株)賞】
香川県 虎丸 敬 様
「春の頃」
静岡県 勝又 勝 様
「晩夏」
香川県 武田 敏夫 様
【豊田通商(株)賞】 【豊田通商(株)賞】 【アツギケア賞】
茨城県 柳生 和夫 様
「祭りの姉妹」
東京都 江部 勇 様
「何がそんなにおかしいの?」
東京都 岸田 俊男 様
「街角」
【ペンタックス賞】 【中央エレベーター】 【サンマルイ賞】
大阪府 高木 義雄 様
「手の平の観音様」
千葉県 伊勢 時男 様
「てれてます」
香川県 中西 正彦 様
「おでかけ」
【サンマルイ賞】 【サンマルイ賞】
長野県 那須 弘 様
「夜明けの煌き」
北海道 丸山 健吉 様
「流氷の海」
以上を始め、たくさんのご応募いただきましてまことに有り難うございました。

ページトップへ
トップ | 協会について | 講習会 | コンテスト | イベント | ギャラリー | リンク | お問合せ