「全日本福祉写真協会」は、障害者・高齢者向けの写真コンテスト、写真講習会、撮影旅行会を開催しています。
写真を通じて健康を維持し、社会福祉の増進に寄与し、写真文化を通じて世界との交流することを目的に設立致しました。

AJWPA全日本福祉写真協会ロゴ
一般社団法人 全日本福祉写真協会
コンテンツ
トップ
協会について
講習会
コンテスト














イベント
ギャラリー
リンク
お問合せ

コンテスト

第11回フォトコンテスト<感謝>結果発表

第11回フォトコンテスト≪感謝≫
総評
 2006年に公募を開始したこのコンテストは昨年第10回の節目を超え、今回無事11回目の審査を終え結果発表の日を迎えることができました。初の頃は何点集まるだろう? という不安が大きかったものですが、会を重なれに連れ多くの方から多数の応募作が寄せられ、ここ数年は審査にご協力頂いている日本写真芸術専門学校の大教室一杯に作品を広げ、その間を審査員が縫うように歩いて審査を行っています。また当コンテストに対する社会的認知度も上がり、昨年は歴代作品がNHK紅白歌合戦にも使用されました。
 今回寄せられた作品は各部門ともバラエティーに富み、皆さんが写真撮影を楽しまれている様子が伺え、「ひきこもりよさようなら」を合言葉に始めたこのコンテストの意味が多くの方の共感を得ていることを実感しました。ただ2回目となる小中学生の応募数が少なかったのが残念ですが、「継続は力」という言葉に従い次に向かって歩み出しますので、次回も多くの方のご応募をお待ちいたします。
一般社団法人 全日本福祉写真協会
会 長 木村正博

第11回フォトコンテスト<感謝>受賞作品 障害者の部
  ※画像をクリックすると別窓で作品が拡大表示されます。「」内はタイトルです。

金賞 静岡県 大石 薫 様
「窓辺」
写真を見る者に何かを問いかけているような、猫の表情と仕草に眼が引き付けられます。モノトーンにして猫の姿を暗い背景の上に際立たせたのと、窓ガラスが失われた上部とガラス越しの下部を対比させているのも効果的で、画面下部のアジサイが季節感を添えています。
銀賞 東京都 吉田 和春 様
「砂浜Tシャツアート展」
浜辺に吊られた何枚ものTシャツと、その下に立つ男の子の対比がいいですね。風が強いのか海面が薄く靄に覆われ、対岸の様子を隠しているのも効果的でした。ただ男の子がやや画面中心線に近く、レンズを一寸右に振って視線方向を広くし、Tシャツが風に大きく揺れた瞬間を写すと動きを描写できました。
銅賞 神奈川県 小松 均 様
「波風に舞う」
超広角レンズの画角を活かし、ライトアップされた東京タワーと夜空に泳ぐ鯉幟を組み合わせた視点は斬新でした。タワーの支柱の広がりを対角線上に配し、画面上に夜空に泳ぐ鯉幟の群れを際立たせ、下側をカラフルな色模様でまとめた構成力が光っています。


[名誉賞]
【沼田早苗賞】 【星埜恵子賞】
愛媛県 濱遊 孝惠 様
「実盛様の虫送り」
埼玉県 渡辺 和博 様
「帰りたくないな!」
田植えが終わった農道を行く様子は、日本人が安らぎを感じる長閑な光景です。稲の切り株に馬がつまずき転倒して、そこをお打たれたので稲を食う虫になったと言う実盛をお祀りしてから、風の中を帰って行く所を上手に組写真にしています。農作物の害虫を駆除し、その年の豊作を祈る日本の伝統行事を、無駄のない落ち着いた画面で捉えた素晴らしい作品です。 今回も各地のお祭りや絶景、花鳥の応募作品が多かったが、この作品の何気なさに妙に魅かれた。毎日のようにカメラを持って出かけ、たまたま出会った親子にとっさに反応したのだろう。だからこそ一寸ピンボケ、でも絶妙な縦構図。アングルが素晴らしいから、冬の公園の時空間が想像でき、子どもの緑の足跡と赤い靴底、白い靴底の親子の色合いが活き、母親と子どもの視線が生き体温を感じる。同時に撮影者の暖かな眼差しをも!
【倉持正実賞】 【木村正博賞】
神奈川県 千田 公一 様
「お帰りは一緒に」
愛知県 春日 忠夫 様
「渓流を彩る」
乗馬クラブでの一コマでしょうか?
思わず、ふふと笑い出してしまいそうなユーモラスな写真です。
誤解を恐れずに言わせていただくと、どちらも牝馬の趣を持った健康的で立派なお尻です。
細かく見れば、馬頭には先導している男性が写ってはいますが、大きなお尻に隠れて微かに見えるだけでほとんど気になりません。尻に敷かれるとはこんな状況を言うのでしょうか。(笑)
何れにしても、このシチュエーションを見逃さなかった作者のセンスに感服しました。
渓流の岸辺に咲く山藤の花と緑、それに渓流の様子が初夏らしい雰囲気をたたえています。藤の花色が際立つのは曇りか小雨模様の日で、この画面もやや薄暗い背景に紫の花が浮き上がっています。浜の群れを画面上部に大きく取り入れ、渓流を添景とした構成が活きています。
【岡本洋子賞】 【理事長賞】
奈良県 松田 功 様
「育児」
東京都 伊戸 明博 様
「おら、一年生!」
アカゲラの母親が子供に給餌している素晴らしい瞬間をとらえました。アカゲラが巣作りした幹はヤマザクラの木なのでしょうか?桜の花が彩りを添えています。花盛りの美しさとは無関係に子育てをしていると思われますが、春爛漫という季節感が特別な印象を与える作品になりました。 この子の誕生時に撮られた写真でしょうか。大きなあくびをしていた幼児が両親の愛情を注がれて育ち、一年生になった喜び一杯の表情が目に留まりました。写真の記録性が活きた作品で、これからも撮り続けて貴重な成長記録を作って頂きたいと思います。
【フォトコン賞】 【写真ライフ賞】
宮城県 福井 弘文 様
「桜の樹の下で」
愛知県 安藤 年孝 様
「ともだち」
美しく咲き誇る桜の樹を、フレームからはみ出るくらい画面に大胆に入れたことで、インパクトのある写真となった。また、桜全体を入れると主役、桜か人物かが伝わりにくくなるところだったが、これなら人物だということがわかる。この農作業をしている人を入れ込んだことで、桜の開花を便りに、田植えの準備をするという先人の知恵をいまに受け継いでいる姿が想像できるだろう。桜の美しさにばかり目を向けてしまいがちだが、生活感を少し入れるだけで、写真の内容は一気に深まる。心をほっとさせてくれる一枚。 シンプルな、影絵のような、いろんな物語を想像させてくれる写真です。キレイなグラデーションの空に、4人の子どもたちのシルエットがくっきりと浮かび上がっています。先頭の少年が持つラケットや、手の仕草、また最後の少女のジャンプの瞬間や髪の毛、両サイドの草のシルエットまで描写が繊細です。忘れたくない時が見事に写し止められています。
入選[協賛会社賞]以下順不同
【野口賞】 【タイカ賞】 【ケープ賞】
兵庫県 恒本 正人 様
「雨天の日の晴れ舞台」
愛知県 河地 宏明 様
「晩秋」
神奈川県 鶴岡 邦央 様
「年頭水行」
【パラマウントベッド賞】 【豊通オールライフ賞】 【豊通オールライフ賞】
千葉県 齊藤 毅 様
「春日和の出会い」
栃木県 高橋 洋 様
「絆」
愛知県 玉置 良宗 様
「大漁祈願を願い」
【オリンパス賞】 【TOTO賞】 【豊通オールライフ賞】
岩手県 藤江 拓 様
「一番列車」
和歌山県 近藤 恵美 様
「熊野詣で」
北海道 高橋 正子 様
「きれいに写してね」
【ニコン賞】 【富士フィルム賞】 【豊通オールライフ賞】
宮崎県 黒木 武 様
「夏休み」
福島県 吉田 彩花 様
「池袋の夜景をたのしむ」
愛知県 藤城 正且 様
「豪華な朝食」
【豊通オールライフ賞】 【コバヤシ賞】 【ウエルファン賞】
福島県 羽 貞男 様
「夜景白水阿弥陀堂」
奈良県 渡辺 直雄 様
「後光」
福島県 金子 茂 様
「唐箕」
【ひまわり賞】 【ウエルファン賞】 【丸冨士賞】
大阪府 数藤 守治 様
「昔話」
北海道 山下 廣勝 様
「ふーん・・・なるほど!」
愛知県 井戸田 洋二 様
「くつろぐ一時」
【丸冨士賞】 【ウエルファン賞】 【銀一賞】
奈良県 北 好雄 様
「別れの季節」
和歌山県 中原 登 様
「霧の朝働く娘」
岩手県 細川 清継 様
「光の共演」
【シグマ賞】 【フジホーム賞】 【丸冨士賞】
岩手県 千田 朋宏 様
「星降る夜の一本桜」
大阪府 中村 浩 様
「きれいだねえ!」
京都府 浅野 三雄 様
「黄昏時」
【丸冨士賞】 【丸冨士賞】 【REVO賞】
愛知県 大岩 妙子 様
「招き猫」
埼玉県 尾 廣志 様
「初秋海辺」
東京都 道信 猛夫 様
「ライバル」
【ウエルファン賞】 【カワムラサイクル】 【オリンパス賞】
神奈川県 保田 三郎 様
「祭りの男」
北海道 岩間 敦子 様
「ステンドグラスに見惚れて」
埼玉県 小堀 翔太 様
「太陽に包まれて」
【ウエルファン賞】 【カワムラサイクル】 【フジフォーム賞】
栃木県 津久井 完治 様
「覗く塔」
大阪府 野田 徹 様
「バレンタインデー」
埼玉県 大内 恵子 様
「影絵のダンス」
【REVO賞】 【フジフォーム賞】 【REVO賞】
埼玉県 伊藤 勉 様
「僕の好きな居場所」
福岡県 田代 哲男 様
「視線」
東京都 疋田 耕一 様
「踏切横断中」
【REVO賞】 【REVO賞】 【リコーイメージング賞】
北海道 加藤 啓次 様
「雪降る街並み」
愛知県 長谷川 晃久 様
「最期の静寂」
埼玉県 日 翔太 様
「僕も飛んでみたい!」
以上を始め、たくさんのご応募いただきましてまことに有り難うございました。

ページトップへ
トップ | 協会について | 講習会 | コンテスト | イベント | ギャラリー | リンク | お問合せ