「全日本福祉写真協会」は、障害者・高齢者向けの写真コンテスト、写真講習会、撮影旅行会を開催しています。
写真を通じて健康を維持し、社会福祉の増進に寄与し、写真文化を通じて世界との交流することを目的に設立致しました。

AJWPA全日本福祉写真協会ロゴ
一般社団法人 全日本福祉写真協会
コンテンツ
トップ
協会について
講習会
コンテスト














イベント
ギャラリー
リンク
お問合せ

コンテスト

第10回フォトコンテスト<心の杖>結果発表

第10回フォトコンテスト≪心の杖≫
総評
 全日本福祉写真協会のフォトコンテストコンテストは今回で10回目を迎えましたが、第1回目の応募者数や応募点数と比べるといずれも数倍となっています。10年ひと昔で、その間には東日本大震災の災害もあって一時的に応募数の減少もありましたが順調に回復し、内容的にも他のフォトコンテストに引けを取らない秀作が数多く寄せられています。また今回から、明日の日本の映像世界を担うであろう子供達の新鮮な視点を求めて小中学生の部を新設しましたが、新たな部門にも拘らず自由な視点で写された作品が多かったのは審査員として嬉しい限りです。
 写真は誰もが手軽に自分のイメージを表現できるものですが、いい作品を写すためには被写体に対する知識や愛情、技術を欠かすことができません。決定的瞬間を1枚の画面に収めるには日常的に被写体を見る目を養い、撮影機材の操作に習熟することが大切で、高齢者や障害者の方々はそのことを通じて目を戸外に転じて頂きたいと思います。また小中学生の方々には既成の概念を打ち破り、私達審査員を驚かせる作品の応募を期待しています。
 10回目の節目を越え、コンテストは次の節目に向って歩みを始めます。既に応募されたことがある方も、これから応募される方も、皆さんのお力をもってこのコンテストを盛り上げて頂ければ幸いです。                        
審査委員長 田中光常

第10回フォトコンテスト<心の杖>受賞作品 高齢者の部
  ※画像をクリックすると別窓で作品が拡大表示されます。「」内はタイトルです。
※受賞者のご住所、お名前に関してはご本人の承諾を得たうえ掲載しております。

福岡県 石村 國男 様
「老木の華」
花の様子からサルスベリのように見えますが、すごい老木ですね。濃い緑を背景にし、紅い花が際立っています。画面手前右に入った女性が傘を回しているのも効果的で、静かな佇まいの中に静と動を対比した画面になっています。
千葉県 伴 博之 様
「地吹雪をついて」
どこの尾根でしょう? 吹き荒ぶ吹雪をついて縦走する登山者の姿をシルエットで捉え、その行く手に霞んだ稜線を配した構成は見事です。シャッター速度のコントロールで、吹きつける雪の強さを強調したのも効果的でした。
奈良県 星川 明美 様
「おもいよー」
お兄ちゃんと妹でしょうか? 棒に吊るしたスイカを運ぶ、仲のいい兄妹の楽しそうな表情が活きています。カメラの位置を大きく下げ、二人の姿が強調できるアングルから写したのが効果を上げています。


[名誉賞]
【田中光常賞】 【沼田早苗賞】
神奈川県 太田 豊 様
「川霧」
福島県 門林 泰志郎 様
「里の子たち」
夜の放射冷却の影響で生じた川霧と、岸辺の木々の間に咲いた桜の対比が印象的な画面です。太陽はまだ山の陰にあるのかやや暗い新緑の木々と、山肌にまつわる朝霧が主役の印象を引き立てています。 青空の下、紅葉が見られる広々とした自然を背景に、子供達が鉄棒で遊んでいるところを伸び伸びと捉えています。立っている子がいたり、隠れている子がいたり、5人の思い思いのポーズが変化のある楽しい画面にしています。
【星埜恵子賞】 【木村正博賞】
福岡県 石井 富雄 様
「渾身」
千葉県 菅原 譲太郎 様
「大波に耐える」
これ以外には考えられない!タイトル。床の画材、作業机など絶妙なアングル。私も油絵を描いていたので、パレットの絵の具の盛り上がりに畏れ入ってしまいます。人はなぜ絵を描くのか。同じ九州出身の画家、池田龍雄88歳は答はないと言いつつ表現したいという本能、欲望が絵を描かせると。写真も然り!と納得。 何処の海でしょうか? 岬の突端に設けられた小屋を飲み込みそうな波が、まるで爆発したような一瞬を見事に捉えています。画面右に押し寄せる波の姿を入れたのも効果的で、自然の猛威が見事に描写されています。
【倉持正実賞】 【岡本洋子賞】
長崎県 近藤 汪 様
「合掌」
新潟県 駒形 政則 様
「旅立ち」
モデル横顔の前方から、スポットライトのように光が差し込んでいる。そこに浮かび上がる合掌した手と横顔の質感に、彼女が経てきたであろう時間が凝縮されています。やや長めの望遠レンズと浅い絞りが、より被写体を際立たせている。この光と祈りの瞬間を見逃さなかった手腕は見事です。 タンポポの綿毛の美しいこと。今まさに種のいくつかが、飛び出そうとしています。背景の紫色や緑色が美しいボケとなって綿毛の旅立ちを彩っています。ポートレート的に捉えたバランス、色合い、柔らかい光、シャッターチャンス等どれをとっても確かな技量が感じられる作品です。
【理事長賞】 【フォトコン賞】
福島県 鈴木 彦三 様
「小春日より」
愛知県 井戸田 千恵子 様
「花かご」
空に架かる虹がとてもきれいに撮影されています。俯瞰(ふかん)から撮影されたシンメトリーに近い構図と配色が安定感を増し、介助する方の赤い服もワンポイントに成っています。晩秋の陽がさす並木道を行く車いすの方と介助する方の会話も和やかなに聞こえてきそうです。 身体をねじったかのような古株に、新しい命が吹き込まれ、美しい花を咲かせています。人生経験の豊富さが、このような優しい眼差しに繋がるのだと思います。背景もグリーンでまとめ、この共演を美しく彩っています。
【写真ライフ賞】
秋田県 五十嵐 敏紀 様
「黄昏れの父子」
ドラマチックな空に、夕凪の海に映る夕焼けのグラデーション。まるで印象派の絵画のような風景と、二人の子どもを持ち上げるハチマキ姿のお父さん。とても暖かい一瞬の時が切り取られた1枚だと思います。
入選[協賛会社賞]以下順不同
ウェルファン賞 豊田通商賞 ウェルファン賞
東京都 坂本 義治 様
「夕焼け散歩道」
千葉県 渡邉 茂 様
「祭りを見る少女」
奈良県 中○ 忠○ 様
「水揚げ」
豊田通商賞 幸和製作所賞 ウェルファン賞
東京都 蕪木 謙治 様
「未来」
山口県 吉田 勝三 様
「晩秋の池」
京都府 小倉 正紀 様
「おもてなし」
幸和製作所賞 豊田通商賞 パラマウントベッド賞
愛知県 小木曽 和巳 様
「キレイだね」
東京都 田所 俊一 様
「秋の公園風景」
千葉県 田村 雅彦 様
「ばあちゃんと一緒」
銀一賞 豊通オールライフ賞 ケアマックスコーポレーション賞
宮城県 渡邊 興次 様
「暁に霞む」
東京都 水野 紘一 様
「空輸」
和歌山県 辻村 政幸 様
「心はひとつ」
タイカ賞 フジホーム賞 ケアマックスコーポレーション賞
茨城県 荒井 健一 様
「夕景」
千葉県 小野 敏明 様
「カムフラージュ」
東京都 遠藤 要信 様
「仕事場」
豊通オールライフ賞 ケアマックスコーポレーション賞 ペンタックス賞
千葉県 堀越 末次 様
「伝統の舞」
千葉県 青島 正明 様
「夕日に染る」
宮崎県 竹尾 康男 様
「ひなたぼこ」
フジホーム賞 ひまわり賞 豊通オールライフ賞
大阪府 関和 三直 様
「残雪の狩」
岡山県 中田 康之 様
「群がるカモメ」
神奈川県 関谷 弘幸 様
「雨あがり」
ケープ賞 カワムラサイクル賞 パラマウントベッド賞
長野県 青木 美幸 様
「恐竜に挑戦」
福岡県 中村 博芳 様
「ファミリー」
宮城県 古内 克永 様
「祭りの子」
オリンパス賞 豊田通商賞 銀一賞
大分県 姫野 光則 様
「秋陽」
大阪府 川田 晃代 様
「レインボー通り」
福岡県 鎌田 貞美 様
「小春日和」
カワムラサイクル賞 シグマ賞 豊田通商賞
東京都 中村 元一 様
「枝垂れ栗と昇るオリオン」
和歌山県 谷中 よしお 様
「三重唱」
岡山県 能一 昇 様
「漁を終えて」
シグマ賞 豊通オールライフ賞 野口賞
奈良県 泉 ○一 様
「追憶」
千葉県 大滝 俊隆 様
「泥んこ婆ちゃん」
福岡県 百ア 礼治 様
「そよ風のメロディー」
ミキ賞 TOTO賞 豊通オールライフ賞
神奈川県 清水 進 様
「真夏の祭典」
北海道 嶋谷 暁子 様
「天の光り」
岡山県 藤森 保男 様
「彼方に逢いたくて」
ペンタックス賞 REVO賞
大阪府 松山 彰 様
「逃げないで!」
千葉県 藤野 治雄 様
「産土神」
以上を始め、たくさんのご応募いただきましてまことに有り難うございました。

ページトップへ
トップ | 協会について | 講習会 | コンテスト | イベント | ギャラリー | リンク | お問合せ