「全日本福祉写真協会」は、障害者・高齢者向けの写真コンテスト、写真講習会、撮影旅行会を開催しています。
写真を通じて健康を維持し、社会福祉の増進に寄与し、写真文化を通じて世界との交流することを目的に設立致しました。

AJWPA全日本福祉写真協会ロゴ
一般社団法人 全日本福祉写真協会
コンテンツ
トップ
協会について
講習会
コンテスト


第9回フォトコンテスト
第8回フォトコンテスト
第7回フォトコンテスト
第6回フォトコンテスト
第5回フォトコンテスト
第4回フォトコンテスト
第3回フォトコンテスト
第2回フォトコンテスト
第1回フォトコンテスト
イベント
ギャラリー
リンク
お問合せ

コンテスト

ひきこもりよ、さようなら
写真を通して、障害者・高齢者の方に外出の機会を増やし、社会参加や健康維持支援のため様々な活動を行っています。
協会活動の要である2006年にスタートしたフオトコンテストは写真文化を通して世界とつながり交流することを目的にしています。

フォトコンテスト審査風景
2010年開催「第5回フォトコンテスト《あい》」の審査は、日本写真芸術専門学校で行われました。
応募作品の中から審査員たちの白熱した審査をへて、入賞、作品が決定しました。

フォトコンテスト展示会風景
「第4回フォトコンテスト《ゆめ》」展覧会と表彰式には多くの皆様にご来場いただきました。
※2009年12月4日〜6日「TOTOスーパースペース特設会場」に開催


フォトコンテスト審査員プロフィール

 特別審査委員
 沼田 早苗 Sanae NUMATA 写真家
1968年 大竹省二氏に師事
1978年 フリーランスとして独立
1986年〜 財界」「ヨミウリウィークリー」の表紙、商業写真、取材撮影などを手がける。
写真展は「私の写交録」「みんな・みんな・蒼き狼」「もう一人の日本人」「彩菜」「アンゴラ難民とザンビアの人々」「歴史とともに生きる・ヨルダン・シリア」「アメリカ音楽紀行」などがある。
福音館書店より写真絵本「ぼくのおじいちゃん」かんらん舎より「おじいちゃんのてがみ」「こわれたしゃしんき」を出版。
国際協力事業団功労賞、京セラカレンダー「彩菜」で経済産業省商務情報政策局長賞を受賞。
現在 JCII講師、林政審議会委員、
国連UNHCR協会協力委員、
BS−TBS番組審議会委員、国際森林年国内委員会委員。


 審査委員
 星埜 恵子 Keiko HOSHINO 美術監督・空間デザイナー
1970年 学習院大学文学部哲学科在学中、小劇場の舞台美術家として活動開始。ステージデザイン他、舞台監督・衣装・照明、商空間デザイン・展示ディスプレイ、映画美術も手がける。
1980年〜 文化庁芸術家在外研修で渡仏。帰国後も各国を文化探訪。内外の芸術祭、映画祭に参加。
現在 教育機関や職能団体で映像美術・空間デザインの人材育成や、写真・映画・音楽・ダンス・書・絵画との協働創造に力を入れている。
日本映画・テレビ美術監督協会
日本映画テレビ技術協会、日本舞台美術家協会、国際演劇協会等会員。


 審査委員
 木村 正博 Masahiro KIMURA 写真家・フォトジャーナリスト
1948年 神奈川県箱根町生まれ
東京写真専門学校(現ピジュアルアーツ)卒業
モノクロラポ・カメラメーカー、写真雑誌の会社勤務
1994年 フリーランスとして独立
現在 写真雑誌等に執筆の傍ら、NHK学園等講師を勤める。
新宿御苑フオトコンテスト審査員、日本野鳥保護連盟カレンダー審査員、、日本写真家協会、日本写真協会、日本白然科学写真協会会員。


 審査委員
 倉持 正実 Masami KURAMOTI 写真家
1952年 茨城県生まれ
1975年 東京総合写真専門学校卒業
広告会社、写真スタジオ勤務
1979年〜 フリーランスとして独立、Photo Office Kを設立
写真展は「幻映戯曲」(新宿ニコンサロン)「続・幻映戯曲」(アトリエ「ナーム」)などがある。
著作として「Point of photo Art」(共著)、「日本の食生活全集」の撮影等がある。
「農家になろう」(全5巻:社団法人農山漁村文化協会)の『稲とともに』で児童健全育成推進財団の児童福祉文化賞(出版物部門)受賞。
現在 日本写真芸術専門学校講師
日本写真家協会会員


 審査委員
 岡本 洋子 Yoko OKAMOTO 写真家
2001年 日本写真芸術専門学校卒業
2001年 秋山庄太郎氏に師事
2004年 フリーランスとして独立
現在 各種写真雑誌に執筆の他、富士フイルム講師、ニコンカレッジ講師、ペンタックスファミリー講師等を務める。新宿御苑フォトコンテスト審査員、日本写真協会会員、日本自然科学写真協会会員。
岡本洋子ホームページ >>



 元審査委員長
 故 藤井 秀樹 Hideki FUJII 写真家
1934年 東京生まれ
1954年 日本大学芸術学部写真学科に入学、写真家秋山正庄太郎氏に師事
1965年 婦人生活社、日本デザインセンター勤務後フリーランスとして独立、スタジオFを設立
マックスフアクターの国内キャンペーンの写真を担当
1983年 日本写真芸術専門学校講師、2003年〜同校校長を務めるほか、内外で写真講師、コンクール審査員多数。受賞、写真集・著作、写真展開催多数。又、劇団四季や宝塚歌劇などのポスター制作、表紙も手がけている。近年は独自のテクニック・Fグラによる人材育成や内外のアーティストとのコラポアート展を各地で開催。毎年、カンボジアに学生やアーティスト達を率いアンコール小児病院等で精力的にボランティア活動を展開。
2010年 5月3日逝去

私共全日本福祉写真協会顧問、フォトコンテスト審査委員長の写真家藤井秀樹先生が去る5月3日急逝されました。
常に明るく、前向きに物事に接してこられた遺志を引き継ぎ、今後も力の及ぶ限りフォトコンテストや写真を通じた社会貢献を目指してまいります。
藤井先生の当協会への功績に深く感謝するとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
一般社団法人 全日本福祉写真協会理事長
久 万 重 仁


 特別審査委員
 故 田中 光常 Kojo TANAKA 写真家
1924年 静岡県蒲原生まれ
1944年 北海道大学水産学部卒業、その後7年間でキャノンコンテスト特選2回、入選6回。
1953年 フリーカメラマンとして活動開始。
1958年 動物写真家として活動開始、北極から南極まで約60ケ国を撮影取材。
1964年 日本写真協会新人奨励賞、日本写真批評家協会特別賞初め受賞多数。写真コンテスト審査及び講演多数。200回近くの個展、150冊以上の写真集、著作、CD-ROM等がある。
1989年 田中光常動物写真事務所取締役、日本フオトリサーテセンター会長、自然保護財団理事、自然保護基金日本委員会評議員、日本写真家協会名誉会員、エコツーリズム協会等理事
2016年 5月6日逝去

動物写真家で、私共全日本福祉写真協会の特別審査員であられた田中光常先生が5月6日に逝去されました。
田中先生には2009年の第4回フォトコンテスト≪ゆめ≫から審査員をお願いし、今回の第10回審査にもご体調の優れない中応募作品に目を通して頂きました。

大きな柱を失いましたが、当協会は今後もフォトコンテスト等を通じて様々な社会貢献を行って参ります。田中先生のご冥福をお祈りしますと共に、協会の活動を見守ってくださることをお願い致します。
一般社団法人 全日本福祉写真協会理事長
久 万 重 仁





ページトップへ
トップ | 協会について | 講習会 | コンテスト | イベント | ギャラリー | リンク | お問合せ